GMO、日本円と連動する仮想通貨発行へ

GMOインターネットは10月9日、日本円と連動する仮想通貨「GMO Japanese YEN」(GJY)の発行を2019年度をめどに始めると発表した。アジア地域に向けて発行し「信用力のあるボーダーレスな取引を支援する」(同社)という。

photo プレスリリースより

GMO Japanese YENは、法定通貨の日本円と連動させることで価値を安定させるステーブルコイン(円ペッグ通貨)として発行。発行通貨相当の日本円をGMOインターネットが保有し、交換価値を保証する。

多くの仮想通貨は、送金や決済での使用に当たって価格変動(ボラティリティ)リスクを伴う。同社は「日本円で担保された円ペッグ通貨は、高い信用力と仮想通貨ならではの送金スピードや手数料の安さを兼ね備えた理想的な通貨になる可能性が高い」と見込む。

GMOインターネットは、子会社のGMOコインを通じて仮想通貨取引所「GMOコイン」を運営している他、仮想通貨マイニングマシンを開発・販売したり、ビットコインをゲームアプリの報酬として配布するサービス「CryptoChips byGMO」を提供したりと、仮想通貨事業へ積極的に乗り出している。