高級ディスコ復活、狂騒再び DJ「大人もっと遊ぼう」

1980年代後半から90年代前半にかけ、好景気の日本がお祭り騒ぎに沸いたバブル経済期。その後、長い不況に突入し「あの時の日本は異常だった」と“黒歴史”として振り返られることが多かったが、大阪では、そのバブルの象徴だった高級ディスコが復活し、連日大にぎわいだという。一体何が起きているのか-。(黒川裕生)

「さあ歌えますか! 覚えてますか!」

赤や緑の照明が明滅する薄暗いフロアに、DJの声が響く。10月12日夜、大阪・南船場のディスコ「マハラジャミナミ」。手を突き上げて歓声で応えるのは、スーツ姿の男性や、ドレスアップした女性たち。年齢層はほぼ40~50代だ。

この日は、かつて神戸でも営業していたディスコ「キング&クイーン(キンクイ)」をよみがえらせるイベントを開催。キンクイで活躍したDJの久保田コージさん、MICOさんらがゲストとして登場した。

マイケル・フォーチュナティの「ギヴ・ミー・アップ」、KC&ザ・サンシャイン・バンドの「ザッツ・ザ・ウェイ」…。往年のダンスナンバーに、170坪のフロアを埋めた300人近くの男女が体を揺らす。バブル期にタイムスリップしたかのようだ。

ディスコ「マハラジャ」は最盛期には全国で数十店を展開したが、バブル崩壊とともに閉店していった。しかし2010年代に入ると東京や名古屋、京都などで相次いで復活。ミナミも17年3月にオープンした。

背景には、ここ数年の「バブル文化」の再評価があるようだ。当時をネタにしたお笑いタレントの平野ノラさんがブレークしたり、バブル期の音楽やファッションで踊る大阪府立登美丘高ダンス部の「バブリーダンス」が話題となったり。マハラジャミナミの担当者も「80年代ブーム再燃のタイミングで、当時を知るオールドファンだけでなく、バブル未体験で新鮮に感じる30代からも注目を集めた」と手応えを語る。

フロア片隅のソファ席で、20代のころに東京・青山キンクイの常連だったという女性(50)=大阪府吹田市=がグラスを傾けていた。当時、芸能活動をしていた女性は夜ごとVIP席に。「青山は外車がずらりと並び、入るのにも大行列。フロアはぎゅうぎゅうで、歩けないほどだった」と振り返る。

子育てが一段落し、昔のように出歩きだしたのは数年前からだ。「ディスコの再ブーム、いいと思う。私たちの世代は、こういうのを長らく忘れていた」と女性。「でもあの頃の若いパワーが感じられない。まだまだね」。DJの久保田さんも神戸キンクイの「爆発的な集客」を懐かしみ、「大人がもっと遊ばんと駄目。還暦を過ぎても遊ぼうよ」と呼び掛ける。

バブル世代だけでなく、当時の熱狂を知らない若者の姿も。華やかな雰囲気に吸い寄せられるように、20代の男性3人がこわごわと入り口にやって来た。「年齢層どれくらい?」「ちょっと入ってみようや」

◇神戸でもディスコナイト 三宮センター街、ホテル、電車内で-◇

バブル期を思わせるディスコブームは、兵庫県内でも再燃の兆しが。神戸・三宮センター街(神戸市中央区)では昨年11月、ディスコを屋外でよみがえらせるイベント「70s-80sディスコティックナイト」が催された。さらに同12月には神戸電鉄が「ディスコトレイン」を走らせ、いずれも反響を呼んだ。近年は、各地のライブハウスなどでも、当時のディスコをテーマにしたイベントなどが頻繁に開かれている。

神戸メリケンパークオリエンタルホテル(同市中央区)は今年、1970~90年代のディスコミュージックを流すパーティーを始めた。6月のプレイベントを経て、8月には千人規模の宴会場で「オーシャン・ディスコティーク」を開催。神戸港の夜景が一望できることなどから「ワンランク上のパーティー」をうたい、参加した約340人の中には20~30代の若者や、外国人の姿もあったという。

同ホテルの広報担当者は「阪神・淡路大震災以降、神戸はおとなしくなったと言われるが、ゴージャスな大人の社交場を取り戻そうと始めた」と狙いを語る。11月11日午後7時からは、ミニパーティー「ディスコ・バイブレーション」を開催する。前売り4千円、当日5千円(2ドリンク付き)。「来年以降も続けていきたい」としている。同ホテルTEL078・325・8110