九電が4回目の出力制御=太陽光発電で、トラブルも

九州電力は21日、一部の太陽光発電事業者に一時的な発電停止を求める「出力制御」を実施した。離島以外での実施は4回目。この日は晴天で太陽光発電の供給が増える一方、週末で工場などが稼働していないこともあって需要が減少。電力の需給バランスが崩れて大規模停電になることを防ぐため、出力制御に踏み切った。
一方、本来は停止の必要がなかった福岡、鹿児島両県の太陽光発電事業者に誤って出力制御を行うと連絡するトラブルが発生。連絡した先は11件で、実施する前に訂正したため影響はなかったという。九電の出力制御では14日もシステムの不具合が発生していた。
この日最も大きかった出力制御は、午前11時半から正午までの93万キロワットだった。九電は13、14日に続き20日も出力制御を行ったが、瞬間的な水準としては21日が最大となった。