トヨタの新サービス「KINTO」は、月額定額で好きなクルマに乗れる

月に一定額を払えば、利用可能になるサブスクリプション型のサービスが“クルマ”にもやってくる。トヨタ自動車は、“愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」を2019年初めをめどに開始する。

コンテンツやサービスを使い放題となるサブスクリプション(月額定額)サービスは、Microsoft OfficeやAdobe Creative Cloudなどのソフトウェア、iCloudなどのストレージ、Netflixなど映像配信、SpotifyやApple Musicといった音楽配信など、様々な領域に広がりを見せている。そして自動車でもサブスクリプションがスタートする。

トヨタがスタートする個人向け愛車サブスクリプションサービス「KINTO」は、好きなクルマ・乗りたいクルマを自由に選び、気軽に楽しみたいというニーズにこたえるサービスを目指す。

税金や保険の支払い、車両のメンテナンス等の手続きをパッケージ化した月額定額サービスとして申し込み、好きなクルマ・乗りたいクルマを選び、好きなだけ楽しめるという。

クルマを愛車として大切に使うと、“愛”に応じた還元も行なう。コネクティッド技術を活用した安全運転・エコ運転の度合いや販売店への定期入庫などをポイント化し、利用者に還元するプログラムを展開予定としている。

KINTOサービスの運営方法・形態などは、現在検討中で、’19年の開始当初は東京地区でトライアルを実施する予定とのこと。車種も未定だ。1日に開催された発表会の模様はCar Watchで詳しく紹介している。

Car Watchで詳しく読む

豊田章男社長は「クルマが欲しくなったら簡単にクルマライフをスタートし、違うクルマに乗りたくなったら乗り換え、不要になったら返却する。必要な時にすぐに現れ、思いのままに移動できる、まさに『筋斗雲』のように使っていただきたいと考え、『KINTO』と名付けた」とその狙いを説明している。