中高年女性を狙う「国際ロマンス詐欺」が怖すぎる! なぜか詐欺師は「米軍」を名乗る

宮城県仙台南署は先週(2018年11月)、仙台市に住む60代の女性が米軍司令官を名乗る男らに現金100万円をだまし取られる詐欺被害にあったと発表した。

実は最近、40代~60代の女性を狙ったこの手の詐欺が急増している。その名も「国際ロマンス詐欺」。米軍人を名乗り、SNSを通じて一度も面と向かって会わずに女性に恋愛感情を抱かせ、多額のお金をだまし取る手口だ。

撲滅運動を展開する「国際ロマンス詐欺撲滅協会」によると、被害は日本だけではなく世界中に及び、被害総額は約200億円にものぼるというから驚きだ。

総額1億2000万円を貢いだ女性も

被害者の1人、東京都在住のAさん(40代)はシリアの戦場の写真を撮る米軍所属の戦場ジャーナリストを名乗る男に250万円をだまし取られた。

SNS経由で届いたフレンドリーなメッセージからやりとりは始まった。絶え間ない「I love you」「もう君しかいない」「会いたい」という言葉に、Aさんは気づくとメロメロに。本人かどうか不明だが、SNSの写真だけで「確実に恋愛感情があった」と振り返る。

プロポーズ後、突然連絡が途絶えたと思ったら、「銃撃戦に巻き込まれた、ロンドンの病院に運ばれた。手術のお金が必要だ」などお金を送るように指示され、Aさんは250万円を2回に分けて送金した。3回目の送金の時、郵便局員が不審に気付いて、ようやく目が覚めた。

都内に住む40代のBさんも、国連軍の外科医を名乗る男から詐欺に遭った。1200万円を振り込んだところで不信感を覚えたBさん。警察の指示を受け、詐欺師と連絡を取り続けた結果、受け子として現れたカメルーン国籍の男の逮捕につながった。「怒りはなかった。自分の無知が招いた」と脱力した様子で話す。

「国際ロマンス詐欺撲滅協会」代表の新川てるえさんは「ここ1、2年で被害は増えている。相談がない日はなく、多い日は1日で5件ほど」と話す。「途中で気づいた人はまだいい。(偽の)米軍の結婚証明書まで送られてきて、2年間に総額1億2000万円の被害にあった人もいます」

女性が「米軍」に弱い理由はトム・クルーズ?

しかし、なぜ米軍なのだろうか? 女性が米軍に惹かれる理由は?

新川さんは「制服マジックもあると思うし、『トップガン』など映画のイメージもあります。戦地のハラハラドキドキする話を聞かされると恋愛のドキドキと重なって自分を見失ってしまうところもあります」と話す。

千原ジュニア(お笑い芸人)「だます側からしたら『日本の女性はチョロイぞ』ってことになっているかも」

新川さん「日本の女性はすぐに『ノー』と言わないし、実際に優しい。被害に気付いても『自分が悪かった』『恥ずかしい』という気持ちが先に来て、泣き寝入りしている人も多い」

司会の国分太一「日本人男性が狙われることは?」

新川さん「おそらく男性の被害も多い。SNSでセクシーな外国人女性からメッセージがきたりしませんか?」

千原ジュニア「確かに…。そう考えたら(引っかかることも)あり得るなあ」