元貴乃花親方「相撲はヘブライ語です」 離婚よりヤバいオカルトへの傾倒

11月26日に飛び込んできた、元貴乃花親方(46)と景子夫人(54)が先月離婚していたというニュース。

翌27日には、元貴乃花親方が情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に突然生出演して、心境を語った。

◆元貴乃花親方「相撲って、ヘブライ語なんです」

『スッキリ』で、日本相撲協会退職や離婚について「寂しさと安堵と両方ある」、今後プライベートでは「スノーボードをやりたい」等と語った元親方。その中で、一種異様な発言があった。

それは、「相撲って日本語じゃない。ヘブライ語なんです。世界をまたにかけて、思想を広げていければ」という発言だ。

えっ?「相撲はヘブライ語」? ヘブライ語とは古来ユダヤ教徒に使われてきた言語で、19世紀末に復活してイスラエルの公用語のひとつになっている。

しかし、相撲は日本発祥ではないのか? 三省堂『大辞林』ほか複数の辞典によると、相撲の語源は「争(すま)ふ」で、『古事記』や『日本書紀』に登場する。

実は、元貴乃花親方のように「相撲はヘブライ語で、起源は古代イスラエルの神事だ」と主張する人たちは、一定数いる。「日本人とユダヤ人はヤコブの末裔で兄弟民族だ」(日ユ同祖論)と信じて、文字や記号の類似を収集する人たちだ。
オカルト月刊誌『ムー』でもおなじみのテーマで、2017年12月号では「三種の神器『八たの鏡』に記されたヘブライ語の謎」という特集をやっていた。

「あの発言を聞いて、ああ、貴乃花はやっぱりオカルトを信じ込んでいるんだ……と心配になりました」と言うのは、相撲通のライター氏。

「貴乃花がオカルト、そして龍神総宮社という新興宗教に長年ハマっていることは有名です。いろいろな奇行もそれが一因ではないか、と相撲通の間では言われています」(同)

◆よく知られた、元貴乃花と新興宗教との関係

龍神総宮社(京都府宇治市)は昭和36年に設立された新興宗教で、現在は2代目・ 辻本公俊氏が祭主を務める。HPを見ると、龍神総宮社のおかげで、「ガンが消えた!」「東日本大震災のとき、家の前でピタッと津波が止まった」など“奇跡”をPRしている。「広大無辺な宇宙を創造し、統括管理され、すべての生命を擁護されている『天上王神様』」を崇拝する教えだという。

この龍神総宮社が元貴乃花親方のタニマチであることは、秘密でも何でもなく、報道もされている。

・11年前から、貴乃花部屋の大阪場所宿舎として、この神社が場所を提供(神社HPにも書いてある)

・トンデモ本『2012 人類の終焉 太陽からの啓示』(2006年、祭主・辻本公俊氏の著書)の帯や広告に、貴乃花親方が「推薦します」と登場してベタ褒め。マヤ暦に基づいて2012年に人類が終わる、という予言もオカルト界でおなじみのテーマだ。

・貴乃花部屋に所属していた十両力士、貴公俊と貴源治の名前は、祭主・辻本公俊と初代祭主・辻本源治郎から取った

他にも様々な事実があるが、もう十分だろう。

◆独りになった元貴乃花親方のオカルト化を誰も止めない

前出の相撲通ライターはこう懸念する。

「貴乃花は独りになってしまいました。相撲協会を辞め、部屋を解散し、離婚までしてしまった。もうオカルトへの傾倒を止める人もいません。ますます目つきがおかしくなって、宇宙の果てに行ってしまうんじゃないか。それが心配です」

2012年に人類が終焉しなかった時点で、目を醒ましていればよかったのに――。 <文/日刊SPA!取材班>