韓日関係、地方自治体の交流に影響…秩父市、公務員交流延期

埼玉県秩父市が最近、不安定な韓日関係を理由に江陵市(カンヌンシ)と締結した相互公務員交流計画を暫定延期した。

江陵市は28日、「秩父市が22日にメール公式文書を通じて両都市間の公務員相互交流の暫定延期を要請し、これに同意した」と明らかにした。

秩父市長は文書で「最近、日韓両国の国際情勢が不安定な状況になっており、職員を相互派遣する場合、お互い職員が不快な思いをする可能性があり、身辺の安全が心配される。今は派遣時期として良くないため、相互派遣を当分は延期したい」「今回の事態が落ち着いて国際情勢の安定を確認できる時、改めて相互派遣を開始したい」という内容を伝えてきたという。

秩父市は今年10月31日、江陵市と双方から毎年公務員を1人ずつ6カ月間相互派遣することに合意し、今月5日にこうした内容を市民に公開した。韓国最高裁の強制徴用賠償判決が出た後、公務員派遣合意が伝えられると、市民を中心に「派遣公務員の安全を確保できるのか」などという抗議の電話が一日平均50件以上あったという。

江陵市と秩父市は1983年に姉妹都市となった後、35年間にわたり友好協力関係を維持してきた。今回の公務員相互派遣は提携35周年を迎えて初めての試みだった。