日本のネットユーザーが「崩壊」と中国メディア、台湾・高雄市長の名前にこの2文字

2018年11月28日、環球網は、台湾・高雄市長選で当選した韓国瑜(ハン・グオユー)氏について、日本のネットユーザーから「名前が残念」との声が出たとする、台湾メディアの報道を伝えた。

記事は台湾・聯合報の28日付報道を引用。24日に行われた台湾の統一地方選挙で、与党・民進党の牙城だった高雄市長選に国民党の韓氏が勝利し、その名字にちなんで「韓流ブーム」を巻き起こしたと紹介した。

その上で「この結果は日本のメディアやネット世論も注目したが、韓氏の名前にある『韓国』の2文字が理由で、日本のネットユーザーの注目点は偏ってしまった」と伝え、日本のネットユーザーから「韓国瑜という名前に困惑を覚える」「名前が非常に残念」「縁起が悪い」「名前に韓国があるなんて、悲しいな」といったコメントが寄せられたと伝えている。

記事は、このような反応が出た背景として、先日韓国の男性アイドルグループ・防弾少年団(BTS)が原爆のきのこ雲をプリントしたシャツを着用したことが物議を醸した他、韓国政府が2016年の日韓慰安婦合意に基づく「和解と癒し財団」を解散したことなどを挙げ、「日本国内における反韓感情がすでにピークに達している」と解説した。

記事はまた、日本のネット上の発言に対して台湾のネットユーザーから「日本には関係ないことだ」との声がある一方、「高雄市は韓国向けの観光PRを強化できそう」といった声も出ていると伝えた。