シャネル、わに・蛇革の使用廃止 高級ブランドで初

【AFP=時事】フランスの高級ファッションブランド「シャネル(CHANEL)」は、他ブランドに先駆けて、とかげ革、わに革、蛇革などのいわゆるエキゾチックレザーの使用を廃止する方針を明らかにした。動物愛護団体は4日、シャネルの方針を歓迎する姿勢を示した。

【写真】ワニに扮してエルメス革バッグに抗議、東京・銀座

 同社ファッション部門を率いるブルーノ・パブロフスキー(Bruno Pavlovsky)氏は、高品質のレザーを倫理的な方法で入手することが困難になっているとして、「今後の製品にはエキゾチック皮革を使用しない」と宣言した。

ヘビやワニ、エイの革でできたハンドバッグやコート、靴は高額で、シャネルのハンドバッグには最高9000ユーロ(約115万円)の値が付くとされる。4日には、パイソン革のバッグが同社ウェブサイトから削除された。ただ中古品については引き続き、各種中古品販売サイトで5500ユーロ(約70万円)以上で売買されている。

動物愛護団体は、シャネルの方針を歓迎。「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」や「ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(HSI)」は、シャネルが毛皮の使用も中止する方針だとしている。

しかしシャネルからの発表では、コートやバッグ、靴を製造する際にワニやトカゲ、ヘビ、エイの革は今後使用しないとされているだけで、毛皮への言及はない。【翻訳編集】 AFPBB News