独VW、排ガスで不適切検査=日本向け車両、83件

独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人、VWグループジャパン(愛知県豊橋市)は5日、排ガスや燃費の抜き取り検査で不適切な事例が83件見つかったと発表した。走行速度や試験室の湿度が条件を満たさず、測定に失敗したにもかかわらず、有効として処理した。9月の時点では不正はないと説明していたが、追加調査で把握したという。

ドイツと南アフリカの計2工場で、2013年式~18年式の日本向け車両を対象に実施した全1113件の抜き取り検査の結果を精査。その結果、小型車「ポロ」や主力車「ゴルフ」など、計14モデルで不適切な事例が見つかった。