ボルボXC40」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」を受賞

“その年の最も優秀なクルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」の最終選考会が2018年12月7日に東京都内で開かれ、ボルボの新型SUV「XC40」が今年のイヤーカーに選ばれた。

ボルボが2年連続の栄誉

ボルボの受賞は、初のタイトル獲得となった昨年度の「XC60」に続いて2年連続。海外の同一ブランドのSUVが続けて受賞する結果となった。なお、輸入車の受賞は「日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014」の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」以来3度目のこととなる。

その他各賞については、イノベーション部門賞を「ホンダ・クラリティPHEV」が、エモーショナル部門賞を「BMW X2」が、スモールモビリティ部門賞を「ダイハツ・ミラ トコット」がそれぞれ受賞。このほか、ルマン24時間で総合優勝した「TOYOTA GAZOO Racing」と、新型軽商用車「ホンダN-VAN」が、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞を受賞した。

最終選考の対象車と、最終選考での順位および得票点数は以下の通り。

1位:ボルボXC40(363点)

2位:トヨタ・カローラ スポーツ(314点)

3位:フォルクスワーゲン・ポロ(197点)

4位:トヨタ・クラウン(170点)

5位:三菱エクリプス クロス(156点)

6位:マツダCX-8(111点)

7位:アルファ・ロメオ・ステルヴィオ(106点)

8位:BMW X2(47点)

9位:ホンダ・クラリティPHEV(36点)

(webCG)