嵐の冠番組で「最終回争奪戦」フジと日テレ一騎打ち

<来年限り活動休止 嵐の決断(2)>

2020年いっぱいでの活動休止を発表した嵐のメンバー5人がそろって出演する2つの冠番組で、「最終回争奪戦」が繰り広げられていることが29日、分かった。日本テレビ系「嵐にしやがれ」とフジテレビ系「VS嵐」の一騎打ち。両番組とも来年末までの放送継続が確実視されており、今後は「冠番組のラスト放送」をめぐる交渉が進みそうだ。この日は、活動休止発表後初となる「嵐にしやがれ」の収録が都内で行われた。

   ◇   ◇   ◇

複数の関係者によると、通常テレビ局では大きく区切って半年ごとに番組編成を見直し、改編が行われるが、嵐の2つの冠番組は既に来年末までの放送継続が確実な状況だという。

テレビ局内でも異例の「嵐シフト」が敷かれる中、特に2つの冠番組の最終回がいつになるのか、注目が集まっている。日本テレビとフジテレビ両局の関係者は既に水面下で動きだしており、今後ジャニーズ事務所と具体的に交渉を始めるという。世間的にも注目の高い「冠番組の休止前ラスト放送」をめぐるバトルが早くも勃発した。

「嵐にしやがれ」は毎週土曜午後9時、「VS嵐」は木曜午後7時からといずれもゴールデンタイムに放送。「嵐にしやがれ」の最終回は20年12月の5、12、19、26日のいずれか。「VS嵐」は同12月3、10、17、24、31日が候補となる。

両番組とも例年は12月中旬に年内最後の回が放送されるが、来年に限っては特別編成が組まれる可能性もある。嵐の出場が確実視されるNHK紅白歌合戦が放送される31日については、民放局での最終回放送は現実的ではないが、両番組とも、曜日を度外視したスペシャル番組の制作が実行される可能性も高い。

国民的アイドルグループの冠番組ラスト放送は、高視聴率が狙えるドル箱コンテンツ。SMAP解散前の最終回となった16年12月26日のフジテレビ系「SMAP×SMAP」は、約5時間放送され、午後10時から番組終了の11時17分までの平均視聴率23・1%、瞬間最高視聴率27・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。60秒間のソフトバンクの総集編CMも放送され話題になった。嵐の5人が区切りを迎える両番組の最終回も、スポンサーから高い関心が注がれている。

5人はこの日、都内で、今月27日の活動休止発表以降初となる「嵐にしやがれ」の収録に参加した。観覧客に向け、メンバーから「これからも、今までと変わらずに皆さんと楽しい時間を過ごせるよう頑張っていきたい」「ファンの方々も含めてチーム嵐だと思っていますので、チーム一丸となって一緒に駆け抜けましょう」とのあいさつがあった。

今後は番組にちなんだ特別イベント開催など、さまざまな企画立案が見込まれる。あるテレビ局関係者は「現時点では、番組開始が古く、ジャニーズ事務所との関係も深いと言われる『VS嵐』のほうが優勢か」と話す。国民的アイドルグループの節目の放送を巡って、両局の激しい綱引きが展開されそうだ。

◆「VS嵐」 08年4月放送開始。当初は土曜午後0時59分からの30分番組だったが、09年10月から木曜午後7時からのゴールデンに進出、1時間番組になった。嵐がゲストチームと「クリフクライム」「バウンドホッケー」などの体を張ったアトラクションゲームで対決するバラエティー。ゴールデン進出後の平均視聴率が11・6%、最高視聴率は18・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

◆「嵐にしやがれ」 10年4月に放送開始。当初は土曜午後10時からの放送だったが、17年4月から午後9時スタートに。メンバーたちが「世の中のどうでもいい真実を体を張って解き明かす」をテーマに、さまざまな体当たり企画や、ゲストと対決する「デスマッチ」に挑戦する。番組開始からの平均視聴率は11・6%、最高視聴率は10年9月25日の18・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

◆国民的人気グループの嵐は毎年多忙な年末を過ごしている。昨年は、12月21日にテレビ朝日系「ミュージックステーションスーパーライブ」に出演。同23〜25日は5大ドームツアーの東京ドーム公演を開催した。29、30日にはNHK紅白歌合戦のリハーサルに参加。31日も紅白のリハーサルと本番生放送に臨み、深夜はNHKホールから東京ドームに移動しライブイベント「ジャニーズカウントダウン」に出演した。合間の日程も、特番やソロ出演番組の収録、ツアーのリハーサルでぎっちり埋まっているという。なお、昨年の「VS」嵐は12月13日、「嵐にしやがれ」は同15日に年内ラストの回が放送されている。31日には、午前10時から11時半まで、特番「嵐にしやがれ傑作選」が放送された。