ネットで「ウラン」売買か、出品者ら特定

インターネットのオークションサイトでウランの可能性がある物質が売買されていたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は物質を押収。出品者と購入者を既に特定し、原子炉等規制法違反容疑を視野に任意で事情を聴いている。