クオ・カードがスマホ決済型になった「QUOカードPay」。

プリペイドカードの「QUOカード」がスマートフォン決済型になる。スマホで使えるデジタルギフト「クオ・カード ペイ(QUOカードPay)」が3月14日より販売開始される。

QUOカードは、30年以上にわたりギフトカードとして利用されてきたが、そのブランドをデジタル化し、スマホで利用可能にしたものが、「QUOカードPay」。サービス開始当初はコンビニエンスストアの「ローソン」「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」全店で対応し、3月26日から店頭利用開始。今後、順次利用可能店舗を拡大していく。

QUOカードPayは、URLをスマートフォンに送信し、受け取った人がそのURLを開くだけで受け取りが完了。あとはお店でバーコードを見せるだけで、利用可能となる。本人確認やサインも不要で、アプリのインストールも必要ない。対応OSはiOS 11以上とAndroid 5.0以上、ブラウザはSafari、Google Chrome。

購入可能金額は50円~10万円までで、1円単位で設定可能。専用アプリをインストールするとより利便性が向上。また、残高が表示されるだけでなく、店頭で利用するたびにカード画像が表示されるため、ブランドとの新たなコミュニケーションツールになるという。

多くのスマホ決済サービスが登場しているが、「QUOカードPayは、『デジタルギフト』としての価値を高めることを目指す」としている。