「お座りください」は失礼!? -正しい表現とは【ビジネス用語】

ビジネスシーンには、「どうぞお座りください」などと着席を促す場面が多々あるかと思いますが、実はこの表現、使い方を誤ると大変失礼なのだとか……。そこで本稿では、着席を促す時の正しい表現方法について解説します。

○■「お座りください」がNGな理由

「お座りください」がNGとされる点は、「お座り」という表現にあります。「お座り」という言葉を聞いて、みなさんは何を連想されるでしょうか?

まずは、「犬のしつけ」ではないでしょうか。犬を大人しく座らせたい時に、飼い主が犬に向かって「おすわり!」と指示を出しますね。また、「幼児へのしつけ」の場面では、大人が子どもに対して「ここにお座りしてね」「上手にお座りできるかな?」などと声をかけるものです。

つまり「お座り」という言葉は、しつけをする側とされる側という関係の中で用いられる言葉なのです。ゆえに、いくら「お」をつけて丁寧な表現にしたところで、お客様や目上の人に対して「お座りください」というのは不適切とされています。
○■着席を促す時の正しい表現方法と注意点

「座る」という言葉は「腰を掛ける」と言い換えることが出来ることから、相手に座ってもらいたい時の表現としては、「お掛けください」が正解です。

ここで、「お掛けください」を用いるシチュエーションをいくつか挙げてみましょう。

受付カウンターで
旅行代理店や携帯電話の受付カウンターなど、お客様の要望を伺うような場面では、「どうぞお掛けください」と言ってお客様をお迎えするのが一般的です。また、お待たせした場合には、「大変お待たせいたしました」とひと言添えると良いでしょう。

応接間で
お客様を応接間にお通しする場合には、「どうぞお掛けになってお待ちください」「担当者を呼んで参りますので、こちらにお掛けになってお待ちいただけますか?」などと案内するといいでしょう。

また、担当者が来れば相手は立ち上がって挨拶するでしょう。そんな時には「どうぞお掛けください」と声をかけ、相手が座りやすいよう促してあげるのがマナーです

一見丁寧な表現に思える「お座りください」ですが、お客様や目上の人に対して使うと失礼にあたります。一方、「お掛けください」という表現は、目上の人に対してはもちろんのこと、目下の人にでも使える便利な言葉です。誤って使って、「私はペットでも子どもでもない!」と相手を怒らせてしまうことのないよう、十分注意しましょう。