<絆まつり>元気な東北今年も発信 福島で会見、浜通りアピール検討

東北6県の夏祭りが一堂に会し東日本大震災の犠牲者の鎮魂や被災地の復興を祈る「東北絆まつり」の実行委員会は1日、今年の開催地となる福島市で記者会見し「復興へ進む東北の元気を発信する」と来場を呼び掛けた。
 今年は6月1、2の両日に開催する。6県の夏祭りによるパレードを国道4号の約1キロのコースで実施。市役所近くのメイン会場では福島県内の伝統芸能の披露や特産品販売を行い、来場者30万人を目指す。
 実行委会長の木幡浩福島市長は「(震災と東京電力福島第1原発事故で特に被害を受けた)浜通りをアピールする仕掛けを考えたい」と強調。仙台七夕まつり協賛会長の鎌田宏仙台商工会議所会頭は「東北一丸で大いに盛り上がりたい」と述べた。