ロフト、バレンタイン広告取り下げへ 女子の不仲描いて「女性蔑視」と指摘相次ぐ

生活雑貨店チェーン「ロフト」が2019年1月21日から展開する広告キャンペーンに批判が寄せられている件で、同社が広告を取り下げることが分かった。

【画像】髪や服を引っ張る女性のイラスト

 広報部は2月4日、J-CASTニュースの取材に「多様な価値観にもとづくお客様の意識へ配慮を欠いた」とお詫びした。

■「なんの意図?女貶めたいだけじゃん」

 批判を集めているのは、バレンタインデーに合わせて展開している広告だ。「女の子って楽しい」とのコンセプトのもと、メインビジュアルには体を寄せ合い仲睦まじい様子の女性5人のイラストを使った。

 しかしコンセプトとは対照的に、ウェブCMでは女性5人が実は不仲であると示唆するシーンが多数登場する。女性たちの後ろ姿が映し出される場面では、髪や服をひっぱる描写があり、「女子だけって落ち着く~」「FOREVER FRIENDS」と内容と真逆のコピーが踊る。

 動画をめぐっては、SNSで「女の友情なんて所詮こんなもんという強い女性蔑視を感じて不愉快」「なんの意図?女貶めたいだけじゃん」と疑問視する声が少なくない。「楽しい女の子にみられる、茶目っ気やユーモアさを表現」

 ロフト広報部は取材に、広告は「楽しい女の子にみられる、茶目っ気やユーモアさを表現しました」と話す。

 しかし、「ご不快な思いを持たれたお客様も少なくない」として「多様な価値観にもとづくお客様の意識へ配慮を欠いたことは深く反省している」とお詫びした。

 今後、ウェブサイトと店頭ポスターに掲載した女性5人のイラストは取り下げる予定だという。