格安SIMの総合満足度1位は「UQ mobile」、NPSは「LINEモバイル」が1位

MMD研究所は、3月19日に「2019年3月格安SIMサービスの利用動向調査」で利用率が高かった格安SIMの上位8サービスとY!mobileを対象とする「2019年3月格安SIMサービスの満足度調査」の結果を発表した。調査期間は2月22日~2月28日で、利用者は15歳~69歳の男女1350人。

 現在利用している格安SIMサービスの総合満足度は、「とても満足」と「やや満足」を合わせ76.7%が満足と回答し、サービス別の満足度上位は「UQ mobile(84.6%)」「OCN モバイル ONE(83.3%)」「mineo(82.0%)」だった。

 利用している格安SIMサービスを家族や友人に勧めたいかどうか10点満点の点数を付けてもらい、NPS(ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度)を算出した。

 9点から10点をつけた推奨者は25.3%、7点から8点をつけた中立者は49.9%、0点から6点をつけた批判者は24.8%となり、推奨者から批判者を引いたNPSは0.5となる。サービス別のNPSは16.7の「LINEモバイル」が最も高く、次いで「UQ mobile」の15.2となった。