ブラック企業、虐待、未婚化、少子化…平成を「苦しめた」原因

4月1日に発表された新元号「令和」。平成もあと1か月足らずで終わりを迎えるわけですが、あえてこの時期に苦しかった平成の元凶をあぶり出し、新時代には新しい価値観を登場させるべきであるとするのは、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さん。北野さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、その新価値観の具体例を記しています。

平成は、どんな時代だった?

新元号が発表されましたね。それで、平成が終わるのは1か月後だそうです。いよいよ、平成の終わりが近づいてきました。皆さんにとって、平成はどんな時代でしたか?

私は、平成時代、ほとんど日本にいませんでした。1990年、つまり平成2年、モスクワに留学した。大学を卒業し、そのままモスクワに住みつづけていた。そして、2018年、つまり平成30年11月、日本に戻りました。つまり、平成時代、私が日本にいたのは、平成元年と平成最後の年である31年だけということになります。

私がモスクワに留学した1990(平成2)年は、バブルが崩壊した年でもあります。それでも、当時日本は、まさに「黄金の国ジパング」と思われていました。ロシアの教授にも、時々いわれました。「共産主義の理想万人平等で皆豊かはソ連では実現できなかったが日本で実現された!」と。そう、当時は90%以上の人が、「私は中産階級だ」と思っていたのですね。GDPも、一人当たりGDPも世界2位でした。

ところが、バブル崩壊の影響は、思ったよりも長引いた。「暗黒の10年」になり、「暗黒の20年」になり…。小泉さんの時代、安倍さんの時代は、比較的景気がよかったといわれています(安倍さんの時代は、まだつづいていますが)。しかし、一人当たりGDPは、下がりつづけ、今ではなんと世界25位になっています。アジアでもトップではなく、シンガポール、香港より下になっている。これ、悲しいことではあります。

しかし、「日本は、1950~1990年まで成長期だった。1990(平成2)年からは成熟期に入ったのだから、仕方ない」ともいえます。

昭和の価値観が崩壊し、新しい価値観が登場しない

1950~1990年、日本は成長期でした。それをけん引したのが、「会社教」。「会社教」は、2つの現世利益」を、国民に提供しました。1つ目は、「年功序列」。年と共に、役職も給料も上がっていくのです。2つ目は、「終身雇用」。リストラされない。学校を卒業して入った会社で、定年まで働くことができる。この2つの「現世利益」に支えられた「会社教」が日本経済を復活させました。

ところが、2000(平成12)年ごろになると、企業はもう「2つの現世利益」を維持することができなくなった。そんな時、ちょうどカルロス・ゴーンさんが日産のトップになり、「大リストラ」を断行。それで、日産を「V字回復」させることに成功した。これで、「リストラ解禁!」とばかりに、日本の経営者もどんどんリストラをするようになった。

会社は、もはや2つの現世利益を提供できない。そう、これで日本経済を支えてきた「会社教は死んだのです。しかし、死んだのに、誰も「会社教は死んだ」といわない。それで、国民は、「年功序列もない」「いつリストラされるかわからない」状態で、「労働環境は、会社教時代のまま」働かされることになった。それで、日本は「ブラック企業国家」になってしまった。

  • 過労死、過労自殺
  • 未婚化(結婚相手を見つける時間がない)
  • 晩婚化(結婚相手を見つける時間がない)
  • 少子化(子供を産み育てる時間がない)
  • 孤独死(年取った親の世話をする時間がない)
  • 児童虐待(忙しすぎて、親に子供を愛する余裕がない)
  • 子供成人病の増加(親が忙しすぎて、まともなものを食べさせることができない)

などなど。これらは、「年功序列」「終身雇用」なしで、過酷な労働を強いられた結果です。そう、平成時代、会社教は滅びていった。しかし、「新しい価値観いまだに生まれていないのです。

新しい時代には、新しい価値観を

そこで私は去年の12月、「会社教」にかわる「新しい価値観」を提案しました。

家族大切主義」です。

「家族主義」「家族ファースト」「家族第一主義」ではありません。「家族大切主義」です。

これ、ただのスローガンではなく超具体的な提言もしています。たとえば、「真の働き方改革」。実をいうと、日本より労働時間が短い国の方が一人当たりGDPは高い】のです。たとえば、「世界一勤勉」と思われているドイツ人。年間労働時間は1,356時間。「労働時間短いランキング」で堂々世界一になっています。

この国の一人当たりGDPは世界19位。日本より6つもランクが上です。詳しくは本を読んでいただきたいと思いますが、労働時間短いランキングトップ10で、日本より一人当たりGDPが低い国は一国もありません。つまり、「労働時間が【短い】方が、一人当たりGDPは【高い】のです。日本には、「労働時間を短くすれば、日本経済はさらに沈む」という人がいまだにいます。これ、「大うそ」です。

他には、人が東京圏から地方に移住したくなる方策。すべての子供が、栄養たっぷりの食事をできる仕組み。農村を大復興させる方法。少子化問題を解決する「超具体的」な方法。などなど。

日本の価値観は、さまざま変転してきました。江戸時代、庶民は、「幕府は天地のごとく盤石」と信じていた。明治時代から敗戦まで、国民は「天皇陛下は、現人神。天皇陛下について行けば間違いない!」と信じてきた。敗戦後は、「会社教」を信じてきた。

今、国民は、会社教に裏切られ、信じる価値観がなくなり漂流しています。平成が終わり、新しい時代がはじまろうとしている今、新しい中心的価値が必要。それは、「家族大切主義」だろうと、私は思います。幸い、読んでくださった方の評判はいいようです。

議員さんの後援会に入っている方は、応援している政治家さんに、「日本の生き筋」を贈ったそうです。またある大学の研究室では、30冊本を買って、学生たちに学ばせているとか。こんな感じの報告を、しょっちゅう受け取っています。

平成が終わり、新しい時代がはじまろうとしています。新しい時代には、新しい中心的価値観を。新しい時代は、「日本復活の時代」にしましょう!