客引き禁止 初の命令 仙台市条例

仙台市は4月に完全施行した市中心部の客引き行為禁止条例に基づき、違反行為を繰り返した飲食店事業者に対し、初めて禁止命令を出した。命令は7日付。
 市によると、青葉区国分町や一番町などの禁止区域内で4月下旬、巡回中の警察官OBの指導員や市職員が、客引き行為をする従業員を発見。事業者が既に勧告を受けていたことが分かり、禁止命令を出した。
 条例によると、命令に従わず客引き行為を続けた場合、5万円以下の過料を科すとともに、事業所名などを公表するとしている。