ロックバンドKISSと福島の蔵元がコラボの日本酒

世界的ロックバンド「KISS」と福島県内の蔵元がコラボレーションしたバンド公認の日本酒が、タワーレコードから発売された。
 版権管理会社PAN(東京)が企画し、世界のアーティストと日本の酒造会社がコラボして売り出す商品の第1弾。アルバムのジャケットを基にラベルをデザインし、アルバムのタイトルや代表曲の曲名などから命名した。
 全4種類のうち、奥の松酒造(二本松市)が「DETROIT ROCK CITY」、ほまれ酒造(喜多方市)が「KISS SOLO ARTWORK」を製造した。
 両蔵元の関係者らが13日に県庁を訪れ、内堀雅雄知事に発売を報告。知事は「KISSの曲を聞きながら飲めば、つまみ要らずですね」と絶賛した。
 720ミリリットル入り5400円。タワーレコード渋谷店かタワーレコードオンラインで販売している。