性接待疑惑の元BIGBANG V.I、逮捕状請求は棄却 不祥事のキーパーソンは「ミルク姫」

BIGBANGのV.I(以下、スンリ)の逮捕状請求が棄却された。

 クラブ「バーニングサン」暴行事件で初めて捜査チームが組まれてから100日あまり、性接待疑惑が報じられてからは2カ月あまり。

 スンリへの18回に及ぶ取り調べの末、性接待、クラブからの5億ウォン(およそ5000万円)横領、クラブ経営での食品衛生法違反、さらには自身の性売買の嫌疑が書き加えられ逮捕状が請求されたが、14日深夜、ソウル中央地裁は「証拠隠滅の怖れなどの拘束事由なし」として逮捕状請求を棄却した。

「取り調べにも粛々と応じていましたし、本人は一貫して性接待などに否認しています。また、証拠不十分とも伝えられていて、逮捕も可能性は低いのではないか、ともいわれていましたが、完全に警察の失態でしょう。竜頭蛇尾で終わるのではないかという声も囁かれています」(スポーツ紙記者)。

V.Iの会社の共同代表が性接待があったことを認めた

 事態が大きく動いたかのように見えたのは4月末。24日、スンリの会社で共同代表を務めていたユ代表がこれまで否認し続けてきた性接待の事実を初めて認めた。「ユ代表は一貫して性接待について否認していましたが、性売買を請け負う女性への送金の内訳を警察に見せられて“すみません”と(性接待の)事実を認めたそうです」(韓国紙記者)という。しかし、このユ代表の逮捕状請求も14日、棄却された。ユ代表は韓国の人気女優の夫で、2017年に結婚した当初は金融業界にいる人物と報じられていた。

 接待した相手はスンリと懇意の仲といわれる日本の実業家らとされ、一行が4年前の2015年12月24日から2泊3日の日程で訪韓した際に性接待があったといわれる。また、その宿泊費3000万ウォン(およそ300万円)をスンリが所属していたYGエンタテインメントの法人カードで支払ったことが確認され、性接待については否認しているスンリもその支払いについては認めたと伝えられた。前述の韓国紙記者が言う。

「警察はこの性接待を示唆するユ代表とスンリのカカオトーク(メッセンジャー)のやりとりを押さえ、スンリの取り調べを行いましたが、スンリは『そんな会話は思い出せない』と一貫して否定していたそうです」

 韓国では「スンリゲート」や、経営していたクラブ名から「バーニングサンゲート」などとよばれるこの事件。今年1月、昨年11月末に起きた暴行事件に関連して、クラブ「バーニングサン」内での麻薬販売や警察との癒着疑惑が告発され、物議を醸していたところへ、2月末にスンリの性接待疑惑の報道が流れると、性暴行、横領、脱税などその他の疑惑が一気に吹き出して一大スキャンダルへと発展。韓国社会を呑み込んだ。

盗撮動画グループチャットのメンバーには人気アイドルも

 スンリの性接待疑惑を第一報で報じたSBS funE(地上波SBS傘下)のカン・ギョンユン記者は、3月に入ると性行為の盗撮動画を流布し共有したとして、スンリの友人の一人、歌手のチョン・ジュニョンを実名をあげて初めて報道し、チョンはほどなく逮捕された。その後、この盗撮動画を共有していた携帯メッセンジャーのグループチャットに参加していたメンバーが次々と明らかとなったが、人気アイドルグループのメンバーも複数いたことから、衝撃はさらに広がった。結局、このうちの6人は立件されている。

 スンリは疑惑を一切否認しながらも騒ぎが大きくなるとすぐに芸能界を引退。盗撮動画に関連して名前が挙がった他の元アイドルクループのメンバーも続々と芸能界を引退し、韓国芸能史上、前代未聞の大事件となった。

性暴行で訴えられたJYJユチョンも麻薬使用で逮捕

「スンリゲート」に続き、4月26日には、やはり、K-POPの人気スターだったJYJのパク・ユチョン(以下、ユチョン)が麻薬使用で逮捕され、韓国社会はまた騒然となった。ユチョンは、自身は潔白だとする記者会見まで開いた後だったこともあり、韓国芸能界への世論の落胆ぶりは酷かった。

 ユチョンは04年にデビューした東方神起の元メンバーで、09年に東方神起から脱退。離れた3人は新たにJYJとして活動していた。

「当時は、大手のSMと裁判までして揉めた彼らを引き受ける事務所はないだろう、活動にも制限を受けるだろうと言われました。案の定、地上波への歌手としての出演はNGとなるなど活動は制限されましたが、それでも、海外でのコンサートは好評。また、ユチョンの場合は俳優としても2010年に主演したドラマ『成均館スキャンダル』が大ヒットとなり、その演技力も認められて主役を張るほどの存在感を見せました。順風満帆のように見えていたのが、つまずき始めたのは、16年の性暴行疑惑からでしょう」(前出、スポーツ紙記者)。

 暴行事件とは、2016年6月、性暴行を受けたという女性が4人立て続けにユチョンを控訴したもので、しかし、その後、結局、嫌疑なしとなった。今年に入りようやく「静かなる復帰へ向けて活動を再開したばかり」(同前)だった。

キーパーソンは「ミルク姫」ことユチョンの元婚約者か

 ユチョンの逮捕は、元婚約者で財閥のひとつ「南陽乳業」の会長の孫娘、ファン・ハナが麻薬使用で逮捕されたことがきっかけとなった。「芸能人Aと麻薬をした」というファンの供述についての報道が流れ、かつての婚約者だったユチョンの名前がインターネットで飛びかい始めると、ユチョンはすぐに記者会見を開いて身の潔白を切々と訴えた。

 さらには、警察での麻薬検査で陽性反応がでた後でさえ、「どうして体内に(麻薬が)入ったのか分からない」という誰が聞いても荒唐無稽としかいいようのない弁明を訴えていたが、逮捕されると、あっさりと麻薬使用を認めたという。

「(麻薬)検査はいつか免れないと思っていたのでしょう。陽性反応が出ないようにとユチョンは今年に入ってから何度も髪を染めて、体毛をすべて除毛したといいます。ただ、除毛しきれなかった足の毛から麻薬が検出されて結局、逮捕となりました」(同前)

 ユチョンは、元婚約者のファン・ハナと今年2月~3月にかけて5回に渡り覚醒剤を使用した疑いが持たれている。実は、このファンは、スンリのクラブ「バーニングサン」の常連客だと伝えられた。さらに、ファンは、盗撮動画を共有、流布していたメンバーらとも近しい仲だったといわれている。

癒着疑惑は、区長関係者や消防関係者にまで

「スンリゲート」では、4月にはカン記者がチョン・ジュニョンらの性暴行の事実を暴き、盗撮動画の流布、共有で立件されていたうちのひとり、元FTISLANDのチェ・ジョンフンはこの集団性暴行容疑で証拠隠滅の怖れがあるとして、5月9日逮捕された。また、クラブ「バーニングサン」で開かれた化粧品のイベントに関連して人気女優の麻薬使用の疑いも新たに浮上している。

 一方で、癒着が疑われたのは警察だけではなく、クラブがあった区庁関係者や消防にまで広がり、全員が立件はされたが、起訴には至っていない。

BIGBANGスンリの性接待疑惑をスクープしたカン・ギョンユン記者


 一連の事件が明るみに出た背景には、MeToo運動や、不正・腐敗あるまじきとする声が韓国社会で高まっている雰囲気があった。スンリの性接待疑惑の第一報を出したカン記者はインタビューで「私たちの社会は韓流という名前ですべてのことを許し、監視や批判を怠っていたのではないか、そう思い、そういう部分についても徹底して考えるべきだと思います」(SBS)と話していた。

 韓流がグローバルな展開を見せる一方、韓国芸能界で不正疑惑が浮上するたびにその前近代的な構造が指摘されてきた。

 今回の事件は韓国の芸能界やそれを取り巻く公的権力との関係に新たな一石を投じたことになったのか、それともまた単なるひとつのハプニングのようなものとして終わってしまうのか。

  10日にはチョン・ジュニョンの公判が始まっている。

(菅野 朋子)