<東北電力>太陽光余剰電力を9円で買い取り 住宅用、11月以降

東北電力は30日、固定価格買い取り制度(FIT)の期間を終えた住宅用太陽光発電の余剰電力を、1キロワット時当たり9円で買い取ると発表した。買い取り期限の10年を迎える11月以降に順次、対象の顧客から買い取る方針。

 9円での買い取りは東北6県と新潟県、首都圏の一部の顧客が対象。うち東北6県と新潟県は11月末時点で約3万2000件(約12万4000キロワット)が期間満了となり、2028年度末には約18万5000件(約84万7000キロワット)に達する見込み。
 買い取りとは別に、エコキュートや蓄電池をリースし、余剰電力を自家消費や夜間使用、停電への備えなどに役立ててもらうサービスや、余った電気を東北電が一度預かったとみなし、顧客の使用量から差し引くプランも設ける。
 東北電は6月以降、対象の顧客にダイレクトメールでサービスの詳細や申し込み方法を知らせる。
 大手電力に住宅用太陽光の余剰電力の固定価格買い取りを義務付ける制度は09年11月に始まった。買い取り価格は当初の1キロワット時48円から段階的に引き下げられ、19年度は26円。期限後の価格を巡っては、関西電力と中部電力が8円、中国電力が7.15円などとなっている。
 30日の定例記者会見で、東北電は価格設定について太陽光の環境性や火力燃料費の削減効果、他社の水準などを勘案したと説明。原田宏哉社長は「電力会社から供給される電気を使うだけでなく、家庭で電気を作り上手に活用するサービス。新しいビジネスモデルの構築にも寄与する」と強調した。