個人的に気になること

色々なものが雑多にファイリングされています。

「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ) 2019」SAKE部門のチャンピオン・サケが発表

calendar

2019年7月9日(日本時間)に「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ) 2019」SAKE部門のチャンピオン・サケとグレートバリュー・アワードがロンドンで発表されました。

世界最大規模のワイン品評会「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)」は、毎年ロンドンで行われる”世界でもっとも大きな影響力をもつ”といわれるワインのコンテストです。

そんなIWCに「SAKE部門」が誕生したのは2007年。以来、SAKE部門の受賞酒は、”外国人の口にも合う日本酒”として国内外で注目され、IWCは日本酒の海外進出における重要なイベントとして、その価値を高めています。

2019年のSAKE部門は「普通酒」「純米酒」「純米吟醸酒」「純米大吟醸酒」「本醸造酒」「吟醸酒」「大吟醸酒」「スパークリング」「古酒」の9カテゴリーに分けられ、それぞれの部でブラインドテイスティングによる審査が行われました。

審査結果に応じて与えられる評価は「ゴールドメダル」「シルバーメダル」「ブロンズメダル」「大会推奨酒」の4つ。さらに、ゴールドメダルを獲得した出品酒のなかで特に優れたものに対して「トロフィー」の栄誉が与えられ、その「トロフィー」を獲得したなかからたったひとつの銘柄に、SAKE部門の最高賞として「チャンピオン・サケ」の称号が授けられます。

また、ゴールド・シルバーメダル受賞酒のなかで、日本での小売価格が1,000円以下、かつ生産量が四合瓶換算で10万本以上という優れたコストパフォーマンスを発揮した酒に与えられるのが「グレートバリュー」。こちらも、さらにそのなかからひとつの銘柄が「グレートバリュー・アワード」に選出されます。

さらに、SAKE部門の中で、エントリーした複数の日本酒すべてで高評価を得た酒蔵には「サケ・ブリュワリー・オブ・ザ・イヤー」が与えられます。

◎「チャンピオン・サケ」受賞酒

◎「グレートバリュー・アワード」受賞酒

◎「サケ・ブリュワリー・オブ・ザ・イヤー」受賞蔵

受賞蔵のみなさま、本当におめでとうございます!

◎普通酒 部門 (ゴールドメダル受賞数:4)

<ゴールドメダル>

◎本醸造酒 部門 (ゴールドメダル受賞数:2)

<ゴールドメダル>

  • 「あさ開 蔵埠頭COLOR 本醸造」株式会社あさ開(岩手県)
  • 「かたふね 特別本醸造」合資会社竹田酒造店(新潟県)

◎純米酒 部門 (ゴールドメダル受賞数:12)

<ゴールドメダル>

◎純米吟醸酒 部門 (ゴールドメダル受賞数:19)

<ゴールドメダル>

◎純米大吟醸酒 部門 (ゴールドメダル受賞数:35)

<ゴールドメダル>

◎吟醸酒 部門 (ゴールドメダル受賞数:3)

<ゴールドメダル>

◎大吟醸酒 部門 (ゴールドメダル受賞数:12)

<ゴールドメダル>

◎古酒 部門 (ゴールドメダル受賞数:6)

<ゴールドメダル>

◎スパークリング 部門 (ゴールドメダル受賞数:2)

<ゴールドメダル>

◎普通酒 部門

◎本醸造 部門

  • 本醸造トロフィー:「かたふね 特別本醸造」合資会社 竹田酒造店(新潟県)

◎純米酒 部門

  • 純米トロフィー:「宮の雪 山廃仕込 特別純米酒」株式会社 宮﨑本店(三重県)
  • 栃木・純米トロフィー:「松の寿 純米 とちぎ酒14」株式会社 松井酒造店(栃木県)
  • 静岡・純米トロフィー:「高砂 山廃純米辛口」富士高砂酒造株式会社(静岡県)

◎純米吟醸酒 部門

◎純米大吟醸酒 部門

◎吟醸酒 部門

◎大吟醸酒 部門

  • 大吟醸トロフィー:「文楽 大吟醸 袋吊無濾過原酒 中汲み」北西酒造株式会社(埼玉県)
  • 宮城・大吟醸トロフィー:「蒼天伝 大吟醸」株式会社男山本店(宮城県)

◎古酒 部門

  • 古酒トロフィー:「特別本醸造 釜屋 古酒」株式会社 釜屋(埼玉県)
  • 奈良・古酒トロフィー:「談山 貴醸酒」西内酒造(奈良県)
  • 広島・古酒トロフィー:「華鳩 貴醸酒 8年貯蔵」榎酒造株式会社(広島県)
  • 福岡・古酒トロフィー:「三井の寿 山廃 純米 古酒」株式会社みいの寿(福岡県)

◎スパークリング 部門

スポンサーリンク

グレートバリューサケ受賞酒一覧

日本での小売価格が1,000円以下、かつ生産量が四合瓶換算で10万本以上という優れたコストパフォーマンスを発揮した酒に与えられる賞です。