日本PR協会、2011年版「広報・マスコミハンドブック」発売

日本パブリックリレーションズ協会は16日、企業の広報担当者やPR業界の関係者向けに内外の新聞やテレビ、雑誌などメディア関連情報を網羅した「広報・マスコミハンドブック(PR手帳)2011年版」を19日から首都圏や大都市圏の書店などで発売すると発表した。手帳サイズで288ページ。1部1800円。
 全国のマスコミや記者クラブの所在地や連絡先といった情報をはじめ、官公庁や公共施設、各種団体の連絡先、企業の文化施設の概要が紹介されている。PR用語のミニ辞典などの広報関連情報も盛り込まれている。
 創刊から31年が経過し、企業の広報担当者だけでなく、学生層にも便利な情報源として認知されているという。
 日本パブリックリレーションズ協会は一般企業の広報部門やPR業者、学者、有識者ら600人で組織。広報やPR業界人の倫理の徹底や研修セミナーなどの教育事業などを展開している。