理事総辞職、山根無きボクシング連盟の苦難 東京五輪に出場できるか否かの「瀬戸際」に

8月22日、一般社団法人日本ボクシング連盟はホームページで理事総辞職を公表した。 「今般の諸々の不祥事に鑑み、日本連盟の理事は全て辞任することを話しあっておりましたが、今日現在すべての理事について、辞任届の書面を受領する 続きを読む…

山根会長“死んだふり”辞任 ボクシング界がおびえる院政の恐怖

日本ボクシング連盟のドン、山根明会長(78)が辞任を表明した。 8日の正午過ぎ、約100人の報道陣の前で「おはようございます。私は12時を過ぎても、おはようございますでございます。私は本日をもって、辞任をいたします」と切 続きを読む…

<山根会長>理事辞任、連盟も退会の意向 指2本の理由語る

暴力団元組長との交際や選手への公的助成金の不正流用を認め、日本ボクシング連盟会長の辞任を表明した山根明氏(78)が9日、毎日新聞の取材に対し、同連盟を退会する意向を明らかにした。山根氏は「会長と理事を辞める。その二つを辞 続きを読む…

山根明会長「カリスマ」語録 爆弾発言から天然ボケまで

「僕はカリスマ山根と呼ばれてる」――この強烈な言葉とともに、日本ボクシング連盟の山根明会長がカメラの前に姿を現したのは2018年8月3日だった。以来、メディアは彼のもとに殺到、よく言えば厳しく追及、悪く言えば半ばおもちゃ 続きを読む…

山根氏のものとされる音声テープ公開「接戦した場合、やっぱり奈良やな」

日本ボクシング連盟による助成金流用や不正審判疑惑をめぐり、日本オリンピック委員会(JOC)などに告発状を提出した「日本ボクシングを再興する会」は8日、東京都内で記者会見し、連盟側による新たな疑惑を指摘した。 五輪に派遣さ 続きを読む…

『日本ボクシングを再興する会』会見で“奈良判定”新証拠を公開

日本ボクシング連盟の山根明会長(78)を告発した都道府県連盟の幹部や元選手ら関係者333人の有志でつくる『日本ボクシングを再興する会』が8日、都内で会見を開き、代表者を務める鶴木良夫・新潟県ボクシング連盟理事長らが出席し 続きを読む…

山根会長が辞任表明 妻の「楽になってください」で決断

助成金の流用、審判員の不正判定、過剰なおもてなし、反社会的勢力との交際など数々の問題や疑惑で大揺れの日本ボクシング連盟・山根明会長(78)が8日午後、大阪市内で会長辞任を表明した。 午後0時30分。山根会長は予定より30 続きを読む…

山根会長だけではない ボクシング連盟に巣くう“女帝”の正体

日本ボクシング連盟の問題は山根明会長(78)が批判の矢面に立たされているが、告発した「日本ボクシングを再興する会」の関係者は、「山根会長の退任は当然のこととして、それだけで済みません。問題の人物はまだいる」と言う。 そも 続きを読む…

山根会長 辞任表明へ…組長との交遊が“帝国”崩壊のトドメに

助成金不正流用や反社会勢力との交遊などが問題となっている日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が、8日に辞任する可能性を示唆した。同連盟の緊急理事会が7日、大阪市内で開かれ、山根会長の進退を本人に一任することを決定。同会 続きを読む…