韓国系の暴挙、ついに本流の米国人団体から鉄拳

関係ない「上る太陽」を「旭日旗だ」と大騒ぎ  まず上の絵をじっくりご覧いただきたい。  南カリフォルニアの大都市、ロサンゼルスのココナツツリーに昇る真っ赤な太陽。ハリウッド女優を思わせる女性の横顔。スタットン氏のトレード 続きを読む…

「五輪中は休暇控えて」 サービス業、社員総出を覚悟

2020年の東京五輪期間中、人手不足が予想されるサービス業で、従業員に対し休暇自粛を促す動きが出てきた。綜合警備保障(ALSOK)やニュー・オータニは大会期間中の7~8月、休暇取得の自粛要請を検討する。働き方改革で従業員 続きを読む…

日本人が世界でバカにされている説は本当か 「日本スゴい!」風潮を真に受けてはいけない

『世界でバカにされる日本人』(谷本真由美著、ワニブックスPLUS新書)というタイトルを見た瞬間にピンときたのは、おそらく私自身が心のどこかで、このことを気にかけていたからだ。 マスメディアをにぎわす“日本礼賛ブーム”に対 続きを読む…

日本大学水泳部、ひた隠す校内での首吊り自殺と薬物疑惑

日大の不祥事が止まらない。5月のアメフト部・悪質タックル事件、8月のチアリーディング・パワハラ被害に続き、今度は水泳部の暴力事件が発覚した。諸問題は今年に入って一気に噴出したかのようだが、実は日大では2年前に学生の命にか 続きを読む…

日大水泳部がひた隠す悪質リンチ「後輩を馬乗りボコボコ」

日本大学水泳部で、3年生部員による悪質リンチが起きていたことが「週刊文春」の取材で明らかになった。9月6日、インカレ開催を翌日に控えた横浜国際プールで事件は起きた。被害者は、2年生のA君(20)だった。 水泳部関係者が明 続きを読む…

チア女子部員パワハラ 日大はなぜ「まともな対応」をしなかったのか

▼〈日大チア監督 パワハラ 上部組織、対応せず〉8月9日、毎日新聞朝刊(筆者=川上珠実、銭場裕司) ハラスメント問題の語られ方が変化している。それもポジティブな方向に。 閉鎖的な組織内で力を持った人の発言が、虚偽であった 続きを読む…

“被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

「34年も前のことですが鮮明に覚えています」 こう語るのは、関西にある私立中学体操部の元監督だ。 連日、マスコミを賑わせている日本体操協会の塚原光男副会長(70)と塚原千恵子女子強化本部長(71)の宮川紗江選手(19)へ 続きを読む…

パワハラ報道の日体大・渡辺駅伝監督解任 後任は未定

日体大は12日、パワハラ報道のあった陸上競技部駅伝ブロックの渡辺正昭駅伝監督(55)を解任することを発表した。 広報課によると、学友会などによる部員5人、元部員1人への聞き取り調査の結果、「足を蹴る」「胸ぐらをつかむ」と 続きを読む…

パチンコと北朝鮮 〜朝鮮総連とパチンコと脱税〜

前々回書いた通り、パチンコ業界は歴史的経緯もあって在日資本が多い業界です。 在日韓国人にしろ、在日朝鮮人にしろ、そのアイデンティティは複雑です。なのでこの辺の問題はさらっと経緯を述べるのみにしますが、太平洋戦争終了時に日 続きを読む…