“不倫叩き”はなぜ快感なのか? 脳科学者が解き明かす、芸能界の不思議

2016年に「週刊文春」がベッキーの不倫を報じて以来、著名人の不倫が立て続けにニュースになり、そのつど「不倫叩き」がおこなわれています。つい先日も、不倫が報じられていた今井絵理子議員が「交際宣言」をした途端、猛烈なバッシ 続きを読む…

本物よりお値打ち! 姿も香りもマツタケ…大人気『松きのこ』が持つシイタケの過去

秋の味覚といえばマツタケ。でも、なかなか高くて手が出ない…という方もいらっしゃると思います。そんな中「まるでマツタケ」と、あるきのこの人気が沸騰! その名も「松きのこ」…。一体どんなきのこなのか、調べてみました。 ■見た 続きを読む…

“劣化したオッサン”生み出す日本企業の罪

日本企業には「劣化したオッサン」が多いという。それは昇進の望めない人材でも、簡単には解雇されないからだ。このため「日本企業は人に優しく、外資系企業は厳しい」ともいわれる。だがコンサルタントの山口周氏は、「40代後半になっ 続きを読む…

進化する「鬼ごっこ」 授業や婚活にも活用 そのワケは

進化する「鬼ごっこ」が、今注目されています。学校の授業、更には婚活パーティーにも取り入れられているといいます。そのワケとは? 1300年前から続く「ことろことろ」  愛知県豊橋市にある「安久美神戸神明社」では、鬼ごっこで 続きを読む…

「ネコ家具」爆売れ、家族だから 職人芸で精巧リサイズ

猫ブームとともに、日本の職人の技を駆使した猫グッズに注目が集まっている。 ベッドにソファ、手提げかご……。木や竹といった温かみのある素材を使った手作りで、精巧さは人間用と変わらない。数万~数十万円と高価だが、生産が追いつ 続きを読む…

世代別おせち、提案も=「平成最後」の商戦本格化―百貨店

大手百貨店のおせち料理の商戦が10月から本格化している。来年の正月は「平成」で最後とあって、「バブル」や「ゆとり」など平成の30年を振り返られる、世代を意識したおせちが登場。各百貨店とも趣向を凝らし、売り上げ増を目指して 続きを読む…

空き家を民泊に活用 仙台初、不動産会社が2物件開業 自ら運営しノウハウ蓄積へ

不動産賃貸などのシェルージュ(仙台市宮城野区)が、民泊物件2件を仙台市青葉区にオープンさせた。6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行後、同市の法人の申請が受理されたのは初めて。増加する空き家対策として民泊経営に乗り出す賃貸 続きを読む…

<花火大会>消えゆく夜空の華 安全確保・警備難しく

福岡市で終戦4年後に始まった「西日本大濠花火大会」が今夏を最後に約70年の歴史に幕を閉じた。毎年40万人以上が楽しむ全国屈指の花火大会だったが、観客増で警備が困難になったなどとして、主催者が来年から実施しないと発表した。 続きを読む…